きましたね!
Mac Book Pro 2018!
今回のポイントはやはり最大メモリ32GB、Core i9搭載可能というところ!
フルスペックにすると70万円を超えるという驚愕料金ながら
頑張ればソフトシンセ含めこれ一台に全て詰め込める夢のDTMパソコン!

iMac ProよりMac Proより嬉しいですね♪

Mac Proは昔の角型に戻ればProtools的にアリなんですけども。

ところでDTM環境に32GBもいるのかというと?
必要です!
ソフトシンセは重くなる一方ですからね。
16GBだとだましだまし使ってる感じです。

Core i9はというとこちらも必要。
例えばDuneやら今時のソフトシンセ立ち上げると爆重ですからね。

加えて大容量SSD。
もはやDTMでSSDなしは考えられないくらい。

端子が全部USB-Cですが、


LIO-8やULN-8がサードカード登場でまさにUSB-C端子となった今もはや環境的に
スピーカーがあればいいなくらい。

急激なDTM環境スペックアップを感じます!
全国どこでも世界どこでもDTM。
これは音楽してる人には朗報PC!

あとはRMEから小型USB-C対応オーディオインターフェィスが出てくれれば無敵の予感。



ようやく新しい音楽環境の時代が幕開けしそう!
にしても70万は高い...!
高いは最大のネックですね!

もう一年待てばこなれた価格になったりするのかしら?