まさにこれ。
iPhoneからパソコンのイヤフォン端子につなげてiphoneにパソコンや音楽プレイヤーの音を取り込む安価な方法。
この類はマイクとヘッドフォンの端子が分かれている形になってます。

これをMac Book などのイヤフォン端子からiphoneやipadにつなげればNANAなどのアプリでも録音できちゃいます。
※繋げた後にアプリを起動するなど順序がある様子。
このワンランク上はiphone用オーディオインターフェイスを利用することですね。

NANAはコラボ中心で耳コピした伴奏に歌を載せるみたいなやり方。
気軽な反面複雑なことをするには時間がかかります。
そこでパソコンで予め録音して各音を合成しちゃうわけですね。
合成の仕方はMacでもWindowsでもフリーソフトがいっぱいあるのでそれらを使ってみると良いです♪
フリーソフトもあるStudio One がお勧めかな。

そうそう、この手のケーブルは電気屋街が近くにあればそこが一番安いかも。
なければネット通販。
ぜひおためしあれ。