・トランスポート & 録音ワークフロー
トランスポート周りのデザインは大きく変化しました!
なんだろう。やわからさというか丸みというか。
今までの方がスタイリッシュだったような。
トランスポートはトランスポートなのでいいんですけれども。

・ミキシング & トラック操作
他プロジェクトで作成したトラックの読み込み機能がありがたい。

・MIDI 編集
ダブルクリックでキーエディタ(ピアノロール)に入力できちゃうStudio One的な入力方式。
もちろん以前通りの入力もできます。この辺りは嬉しい機能!
この部分のために今回一番アップグレードする価値を感じました!

・操作性とワークフロー
ようやく細々とした便利機能がついてきた印象です。
どちらかというとパラで書き出すときのお仕事が楽になる機能が増えてます。

・コードパッドの改良
これはどうしても自分の中で消化できない部分なのでノンコメ。

・MediaBay ラック
いくつか音色ロードエラーが…。
6あたりのエラーに似たような。
急にイーライセンサーが認識しなくなったり?
発生パターンがわからずなんとも言えない状態です。


8.5は便利機能が追加された印象で、打ち込みやらあると良いな機能が追加されました。
非常にアップグレードする価値があると思いますが、
バグがどれほど存在しているのかまだまだ要注意な印象も。
引き続き様子を見ていきたいと思います!