ROLAND CUBE Street EXを改めて振り返ってみる。

・電池の持ちが異常に長い。
まず、途中で電池切れたことないです・・・。
路上で演奏する分には十分。
これ以上を求めるならもう発電して野外PA組む規模。
そういう意味ではこれを二台持ってステレオで音を出すという規模なら
野外PAセットを集めた方が良いとも言えます。

・接続できる機器の豊富さ
マイク、ライン、iPhoneなどに演奏内容を録音再生できるアプリ、ピンプラグOKなど幅広い。

・ミュート機能がない
これだけ残念。とっさの時にミュートって欲しいですよね。

・EFX
リバーブがあるだけでやっぱり歌は違います。
簡単操作でそれっぽい雰囲気を作り出せるのはありがたい。

・音量
良い意味で大きすぎます。かといってEXではないモデルは音質が違うのでやっぱEXです。
省電力モードによる音量でも大きすぎてフルボリュームで使うことはそうそうないです。
というかフルボリュームで使ったことないです。汗
色んなイベントで利用しましたが十分すぎるボリュームでむしろちょっと大きいから音下げてなんて言われたり・・・。

・見た目
十分それっぽい感じでカッコ良いと思います。

・大きな楽器とは?
サックスだと、サックス自体がそれなりの音量のため、よほど遠くまで聞かせたいとかじゃないかぎり
マイクで拾う必要はないですね。
バックサウンドの再生機器としてバッチリです。
遠くまで聞かせたいなんてときは野外といってもそれなりの規模感だと思います。

・トータル
買って損なし。路上イベントを行うならステージ組まないタイプはほとんどこれで賄える。
逆にそんなに路上で演奏しないよなんて場合EXは持て余す感じかもしれません。
ちなみにちょっとした商店街イベントなんかでも十分使えると思います。
見た目と裏腹に軽いのも良いですね。



この規模、分野の装置としてはNo3以内に入るベストセラー機材だと思います!
良い買い物をしたなというのが1年目の印象。長くお世話になる機材と感じました!