定番マスタリングプラグイン Slate Digital FG-X がついに64bit化しました!

FG-X 1.4.0.4からとなります。
なんとFG-Xをすでに持っている人は無料アップデート!

アップグレードされるというアナウンスがあったFG-X 2.0での対応かと
思っていただけに嬉しい対応です。

Logic Pro9で32bit版FG-Xとして立ち上げていたものはすべて64bit版で
差し代わって立ち上がるようになりました。
ウィンドウの表示も早くなりかなりFG-X起動による32bitブリッジクラッシュも減った気がします。
特に変な挙動も今の所はなし。アップデートオススメです。

アップデータは Slate Digital WEBにログインしてDLする形です。
iLokの管理ソフトウェアilok license manager
最新になっていないとはじかれるかもしれないので注意。

ちなみにAAX,、AU、VSTに対応とのこと。
RTASがない!?(苦笑)
Protoolsユーザーにとって完全にProtools10.X&11用ですね。

逆にProtools9、10 TDM(HD)での動作にはFG-X 32bit版が必要と。
32bit版、ディスコンにならなければいいですが・・・。


ちなみにFG-XはiLok必須です。