ローランド CUBE Street EX。
20弱の人だかりだと、こいつのECOモードを相当しぼって出す程度に・・・。

なんでかって?

路上で夜だったからさ。(ー ー;)

そうも爆音だせず。
アコギ程度の音量なんだよね。
だから、EXである意味は音質や見た目。

やっぱ大きいからそれなりに
なんかしっかりやってる感。
これ重要。見た目は大半を占める事実。(ー ー;)

そして数千円で買えちゃうFM無線マイクも
知らない方から見れば高級マイクに見えるわけで。


こいつ、思いの外クオリティもコスパも高いです。
落としても心配ない価格だし。
激しい振りだと中の電池が外れることがあるものの、
かなり良好。
通常のワイヤレスマイクでうまくいかなかったとされる場所だった
もののへっちゃらという。
もうちょっと電池のホールドや受信機のアンテナ部分を
改良したら1万でも売れると思うけどなぁ。
ま、もったいないがありがたいのでいいとしよう。(^ ^)

電池もすべてエネロングで大成功!

バッテリー一向に減らない。(笑)

ストリートするときのポイントをまとめると

・機材の見た目を重視しよう(いかにもしてる感と高級感ね)
・CUBE Street EXはかなり広い場所で使える機材だった
・ワイヤレスはFMでも結構いける! 実験では10m以上離れても音声入った!
・電池はエネロング+10〜12本同時充電器必須


こんなところだろうか。

CUBE Street EXを使ってみて気になったところは
ボリュームノブがチャンネル毎独立しているため、
マスターボリュームがない点だ!
これは如何なものか!?(⌒-⌒; )

一応全音Muteスイッチはあるんだけどね。
慌ててるときやっぱマスターボリュームノブ探すわ・・・。

ほんと気になったのはこれだけかなぁ。
軽いし、縦置きできるし手持ち2箇所あるし
扱いやすいよ。
車で持ち運んだけど普通に電車に持ち込んで移動とかできるよこれ。
女の子でも持てる。間違いない。

しかも、スマホアプリを手に入れてスマホを付属専用ケーブルで
繋げると路上で歌ったり演奏した内容を録音してくれつつ
再生プレイヤーとしても機能するんだよ。
iphoneに至ってはiphone上に入ってる曲なら大体再生できる。
もちろんアプリは無料。太っ腹ローランドさん!!!

というわけでCUBE Street EXは間違いなく外れではない。
がしかし、そのキャパを存分に活かせる音量をだすには
相応の広さ、人混みでないと!!!
とりま目標は路上で100人!!!!!!
頑張ろう☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆