この夏、
国内正規品を取り扱うハイ・リゾリューションも
最大55%キャンペーンを始めた
EastWest Quantum Leap / HOLLYWOOD STRINGS Diamond Edition

を暫く使ってみましたがこれは同社
EastWest QUANTUM LEAP Symphonic Orchestra PLAY Edition Platinum Plus Complete

と比べると段違いの音質です!

HOLLYWOOD STRINGS Diamond Editionと名の通り
オーケストラ全セットではないですが、
ストリングスの音質をワンクオリティあげたいとなったら
間違いなくこのソフトだと思います。

ライブラリについては少し音色に対して慣れが必要です。
キースイッチ切り替え演奏というよりひとつの演奏表現重視。
そして重い!!
普通のHDDで8つPLAYソフトシンセ立ち上げてこのストリングスの
音色ロードするとメモリは16GBでは心許なく、
ファイルを開くのに10分以上かかるという…。
まってる間にここまでブログ書けましたし。(ー_ー;)

さすがにライブラリDATAをSSDに入れるのが良さそうです。

SSD、512GBで2万円台にまでなってますね。
安くなってきた!

もう少し制作に余裕が生まれたらSSDに変えたいこのごろ。
だがしかし!?

Mac Book ProにもうHDD差す余裕が!!
外付けで2台USB3、2台TB…。
やはり再びMac Proしか道はないのか!?


色々悩みますね…。
それとRolandのAIRAシリーズでUSBを3ポート使用するという点で
慢性的USB不足。
このご時世にまさかUSBケーブル不足になるとは思いませんでした。
今更アナログ+MIDIケーブル配線もしたくないような…。

ソフトシンセの進化とハードの進化のバランスが重要で
CPUやメモリはもっとあっても全然良いというDTMが求めるハイスペック状況は
最近億劫になりつつあったり。(^_^;

制作に集中できるツールがほしいです。

と書いている間もまだ開いている最中。
こりゃ20分はかかってるな…。
3回閉じて開いたら1曲はできるよこれ…。
またこういうときに限って編集後閉じてから
アレンジし忘れだったり追加したくなったりで
開き直すことになるんだよ。(T-T)