最近のデスクトップミュージックはハードディスクドライブの消費が激しい!

2TBあれば素材用としては十分かと思っていたら、
年始には3TBを超える勢いの容量になってくるので
新しくハードディスクドライブを調達。



WesternDigital(ウエスタンデジタル)My Book Thunderbolt Duo 4TB 外付けHDD [WDBUSK0040JSL-SESN]
に換装です。

換装方法は至って簡単。ドライバは…要らなさそうに見えますが、
HDDの横についているネジを二つ新しいHDDに取り付ける必要がありますので
必要です。

とりあえずMy bookに入っている素材用HDDだけを残し、
もう一台のHDDを取り外し、4TBに換装。

WesternDigitalWD40EZRX バルク品 (3.5インチ/4TB/SATA)を導入してみました。


DTMといえば7200rpm以上の回転数というイメージですが、
最近の容量の大きなHDDには記載が見当たらないことも。

「WD GreenPowerテクノロジー
優れた放熱性、静音動作が、より信頼性の高い超静音PCおよび外付けドライブを実現」

と箱に書いてあります。

低消費電力も売りのようですね。

Product Specifications
インターフェース SATA 6 Gb/s


パフォーマンス仕様
回転速度 IntelliPower *
バッファ・サイズ 64 MB

転送レート
バッファからホスト(シリアルATA) 6 Gb/s (最大)


シーク速度は自動最適化されるのだとか。
気になりますねー。

それにしても4TB、16000円になってきて、
3TBは10000円あたりに。

TBなんて使い切るのかと思いきや、
音楽制作音源の容量の食い方が半端なくなって行くという。

全体のバックアップするのが大変になってくるので
これ以上容量の肥大化はしたくないのだけれど、
多分来年には4TBパンパンになってます。(ー_ー;)