RODE NT5 ステレオペアマッチングを導入してみました。

利用目的としてはドラムのオーバーヘッド用なんですが
ピアノやら様々に利用できそうです。
今回は早速ドラムレコーディングに使用してみました♪

ステレオペアマッチングなので、個体差が出過ぎないという
ところで安心のNT5。

ケースはちょっとプラ感満載でしたが、
中身はなかなか。

■コンデンサーマイク
■指向性:単一指向性
■周波数特性:20Hz-20kHz
■出力インピーダンス:100Ω
■感度:-38dB re 1v/Pa where 1Pa=94dB
■ノイズレベル:<16dB SPL(A weighted)
■最大出力:+13.9dBu
■ダイナミック・レンジ:>128dB
■最大SPL:143dB
■S/N比:78dB
■電源:ファンタム48V
■寸法・重量:径20mm、長さ118mm・101g
■付属品:専用ハードケース、マイクホルダー、ウィンドスクリーン、
日本語マニュアル、変換ねじ(3/8-5/8)

マイクホルダーはタイト目でぐっと押し込まないと入らない感じです。

マイクそのものが細く軽いので、オーバーヘッドで扱う場合、
マイクの自重でスタンドが不安定になることもなく、
扱いやすい印象です。

今回はドラマーの方向に向ける(といってもドラマーを収録してませんよ(笑))
形でクラッシュ、ハット、スプラッシュ、ライドと幅広く
いってみましたが、とてもハイ抜けもよく綺麗な音でした。

このマイク、とてもバランスよくステレオ収録するイメージがあります。
録りの段階でこれだけ出せるならば、価格を考えると
安すぎるくらいかもしれません。

間違いなくオーバーヘッドとしておすすめマイクですね。

定番には定番の所以ありです!!

時間を見つけてピアノやら録ってみたいと思っています♪

そのほかにもドラムマイクを一斉導入したんですが
これまたとても良い音で…。
それらはまたの機会にレビューしてみたいと思います!!

お楽しみに♪