なんの脈略もなく?
いきなりLogic Pro X が7/16に発売されました(爆)

いや、Appleの戦略は意表をつくのが得意ですね…。


whatsnew_inspiringsounds_alternativedrummer.jpg

さて、Logic Pro X。

価格は17000円にて9と同価格。

Main Stage3は別売り。

で、WaveBurner の更新はなし。
Sound Track Proも。

検索すると
Apple.com/jpで何かお探しですか?
泣けてくる・・・。

音声と動画の書き出しにSound Track Proをよく使いますからね…。

Wave BurnerはなんといってもDDPの書き出しに使います。

CDディスるのは日本ではまだ早い…(音楽やる側だけな感じも…?)。

とりあえず、32bitブリッジが無くなったのが痛すぎる。

制作に支障ですぎです。
Sylenth1 とか Vanguardとか…。
Sylenth1はWinで64bit化されてるのに…。

X導入はしますが、
制作内容によっては9で進めなければいけないというパターンが
暫く続きそうです。

YMCKのフリープラグインも32bitなんですよね。
ファミコンっぽい音のときに結構重宝するんです。

その他で手持ちで64bit化できたのは、

KORGのソフトシンセ

すべてドングルからシリアルライセンス方式になって、64bit化されました。
このシリーズは色々なコルグハードに同梱されてます。

音がかなり良い(PCMハードシンセ音的な意味)のでお勧めです♪

RM V

Lin Plugは結構頑張ってます!!
ちゃんと64ビット化したんですねー。

Arturiaも大体64bitになりました。


Brassが64bit化されていないです。(>_<)
Brass需要少ないのかな…。
なんか持ってるのに使えないとなるともったいない感じ。

AAS

全部64bit化はしていない。結構利用率高めなのでわりと痛いです。

手持ちのエフェクト系はわりと困らなかったです。
Sonalksisが専用インストーラがついてインストールが楽になったことと
64bit化対応を始めているところくらいでしょうか。

Antares

オートチューンは64bit化してますが
Avox Evoが…。(-_-;)

結構使うんですよ。

ついでにいくつかAAX版のリリースも見かけましたが、AAXはまだまだな感じですね。(^_^;)

さてさて、とりあえず手持ちで64bit化してないもので
64bitがリリースされているものはインストールしました。
いよいよLogic X導入ですね。

DLに時間かかりそう…。