SPARKシリーズは基本的に作ったループまたはデフォルトのループパターンを
エンドレスで再生し続ける形になります。

このとき、LogicにMIDI情報(ノート)を送信し続けるため、
キーボードでの入力やらには支障をきたしてしまいます。


そこでこのスパークのMIDI情報のみを止めて、MIDI鍵盤の情報を受ける設定を
Logicで行う必要がでてきます。

それにはエンバイロメントという機能を使います。

Logicのデフォルトでは写真の通りSUMのMIDI IN項目と仮想鍵盤グラフィックとが
つながっています。

logic_en_spark.jpg

このつながっているケーブルのようなものの真上でクリック、その後デリートキーを押して
結線を外します。
※これで一旦MIDIキーボードなどすべての外部機器からの演奏情報がストップします。
 とくに鍵盤などつながない場合はこれでも構いません。

次にMIDI IN項目で普段使っているキーボードのINと仮想鍵盤とをケーブルでつなぎます。
つなぎ方は簡単。それぞれの枠の淵に
|>  または <| の形(三角形)をしたものがあります。
この二つをマウスでドラッグアンドドロップするだけです。

これでMIDI鍵盤からは音が鳴り、SPARKから出力されているMIDI情報はインプットしないように
なりました。
※他にコントローラ等使っている場合は同様に結線していきます。

ちなみにMIDI鍵盤がなんらかのUSB to MIDI変換ケーブル(MIDIインターフェイス)に
つながっている場合、使用している鍵盤の名前は出てきません。
接続されているMIDIインターフェイス名と仮想鍵盤を結線してください。


SONARなど他のDAWではトラックにどのMIDI機器からの情報をインプットするか
選択できるようになっていますので、羨ましいです。(^_^;)