Prominy SC Electric Guitar 導入しました♪ 使用感想です♪

Realシリーズを使って制作をしていたら音質がリアルじゃないとケチョンケチョンに言われてしまったので
自分で弾くとかしてたりするんですが、尺修正による即時対応を考えるとやっぱり
ソフトシンセのが早いんですよね。

で、Prominy SC Electric Guitarならうまく打ち込めばリアリティを出せると
アドバイスを直接もらえたので、セール期間中に購入しました♪

Kontaktで動くタイプなので、少しKontaktの知識が必要ですが、
Ch分けで奏法をセッティングしたり、同チャンネルでPANをLRに思いっきり振った状態で
ダブリング再現できるよう、ダブリング用のサンプリングが用意されていたり
まさに至れり尽くせりです!!

Realシリーズは特に中低域がとにかく足りず、クライアントにリテイクを出されてしまうのですが
Prominy SC Electric Guitarだとこの問題は解決します!
ロック系の鳴りの部分って中低域がかなり重要なので、大助かりです!!

もっと早く導入すべきだったと後悔するほどクオリティの高いソフトシンセです。


リアルギターシリーズといえばいよいよバージョン3の登場で、和音の響きの改善など含め
かなり期待できるものとなっているようです。
導入したいところなんですが、今年の予算はすべてスタジオ構築最終段階の部分に割くことになりそうです。

いやはや、すでに構築前にも関わらず、録音の仕事がちょいちょい。
参りました。(^_^;)

あとはPD HDXをどうするかだけなんですよね…。
thunderbolt接続も捨てがたく。
HDXの時代がいつくるのかなかなか実感できなく、躊躇しまくりです。(-_-;)
でも時間はないのだ! ベスト環境目指して頑張ろう!