偶然なのか、ついにWindows Vista 32bit +Mac Pro ブートキャンプ環境にて
euconの認識、安定接続し、動作確認が取れました♪

PCにeuconのLANケーブルを直差しの場合IPアドレスの固定を
というAVIDのQ&Aではうまくいかず、
結局euconはDHCPオンの状態で、
PCはIPアドレスを自動取得に変更、
直差しまたはLANハブ経由の状態へ。

次にeuconインストーラを入れたことによる
スタートアップで自動起動する状態のeucon常駐ソフト3つを
手動終了させてセキュリティソフトをオフに、
再度この3つを手動起動。
その後euconの電源オンで認識、接続完了しました。

ただ、この手が確定的かはなんとも言えず、引き続き検証が必要そうですが、
取り急ぎ認識したというところまで。

Macの動作とは違い、認識、接続すると、一見MC transportは
電源オフになってしまったかのようにすべてのボタンと液晶部分が消灯します。
ところが、SONAR、CUBASEを起動すると画面に各DAW名が現れます。
何よりスタートアップのeuconセットアップアイコンが少し白い色に変化するので
認識、接続されたかははっきりわかります。

早速アーティストトランスポートを上記二つのDAWで確認してみたところ、
MACのProtoolsやLogicと違い、
ほとんどのコントロールアサインがされていない、またはうまく動作していない
状態でした。
CUBASEはほとんどアサインなし、SONARはeuconのシフトキーを押すと
色々動作できるんですが…。

ということで、どちらのDAWも最初からeuconセットアップで
カスタムしていかないといけないような動きです。

まぁ、もともとMAC専用だったので、対応しているだけでもありがたいと
思うべきなのかも…。

もともとMAC+Protoolsでの用途が主体ではありますが、
Windowsでの動作確認もちょくちょくしていきたいと思ってます!