初音ミクが歌う儚く美しい「みずのか。」オリジナルソング公開しました!!

初音ミク オリジナルJPOPS儚い系ソングです。



illustration&movie : このみ
Lyrics:水瀬翔
Composer&Arranger:TAKUYA
VoiceEdit:VP


--歌詞--
街。片隅に濡れる、ガラクタの果てに。
風。塞がれた傷をなくさないよう重ねた。

声。甘く滲んだ灰色の記憶を。
庭。転がる小さな箱、裏側に隠した。

廻る針が。
古い時間を刻んでいく。
落ちる空に。
つぎはぎだらけの虹。

誰かが告げるの。
「うたいかたを忘れたから」
そうして見てるの。
さめることのないゆめを。

汚れた手も、壊れたオルゴールの欠片も。
拾い上げて、沈み。白に消える。



雨。砕けた道化師、硝子の絵画と。
色。零れる吐息を一つ一つ集めた。

時。作り物の月を傍らに置いて。
音。半分の嘘吐きを、指先でなぞった。

差した指が。
満ち足りない扉(ドア)の向こうで。
離す先に。
凸凹だらけの夜。

誰かが告げるの。
「ぜんぶ失ってしまったね」
そうして気付くの。
つじつまあわせのうたに。

触れた肩も、千切れた写真の在処も。
月が満ちて、剥がれ。青に染まる。



積もる煤が。
足元から崩していく。
残った後は。
あとかたもなくとける。

誰かが告げるの。
「もうどこにも届かないね」
そうして捨てるの。
はじまりをおえることばを。

嘯く目も、止まった歯車の温度も。
朝が来たら、眠り。水に浮かぶ。