最近、ブースとコントロールルームの結線であれこれ試行錯誤してます。

スタジオの配管の太さ「直径」があまりないため、

みたいなケーブルは通せないという。

だったら、ケーブルだけ買って配管後にコネクタ類をつければいいじゃないかという
単純なことなのですが、作曲の仕事量もあいまってさすがにそんなに時間がとれないという…。^^;


あれこれ調べていると

マルチボックスとマルチケーブル

だとさくっとできそうなことが分かりました。

コントロールルームに設置するミキサーにはセパレートコードでOKかなと。

ちなみにこのマルチケーブル先端コネクタ部分
NK27-21C の一番厚みのある直径部分は44.1mmとメーカーさんに教えてもらいました。
うーむぎりぎり通るか!?

すでにADATを這わせてあるんですが、GAINは当然コントロールルームで取りたいわけです。
となるとデジタルでコントロールルームに送ることは結局ADコンバータの段階で
ゲイン調整となり…。
暫く簡易的にキャノン一本這わせる手もあるんですが納得いかず。(笑)


なんとか夏中にしっかり組まないとヤバイ!!
頑張ります!(汗