作曲AIサービスに否定的な楽曲販売サイトについてちょっと。

Suno AI, Amadeus Code, Evoke Music, SOUNDRAW,
Ecrett Music, Melody Sauce 2

このあたりが対象になっている様子です。




正直作曲家から見てこんなもの使う価値ないんですが、編曲家視点では自分で気づかなかったフレーズ生成ができるという点でありな気も?

そもそも音楽をパーツに分けてしまうとそれぞれはなんかのパクリなわけで()

曲を作れない人がAI作曲することがNGなのか、人間によって創作されていないからNGなのか。
イラスト系AIでは生成したAIイラストは生成者の著作になるというのがありましたよね。
おそらく音楽でも同じなような?

良い曲が生まれるのであれば別になんだって良いと思うこの頃。
それにしてもAI作曲したか否か、イラストのように判定できるのでしょうか?
平均律の曲バリエーションかつ多くの人が好きそうな曲想は型があるので判別できないような気が??

AI絡みが音楽に浸透するとするとメロディ、コード、作詞あたりなんですよね。
編曲とミックスはまだ未達領域。

果たして今後どうなるのでしょう?
あまりAI作曲の話題を見ないしおいかけていないのでもうちょっと意識するべきかも?