MACOSXを10.6.6にすると発生する現象と回避方法を記入。


Logic Pro 9を含むLogic Studioアプリケーションが起動時にフリーズまたは立ち上がらない現象を発見。

最初はOSX10.6.6では起動しないのかと思ったのだけど、
知り合いのMACOSX10.6.6+Logic 9は動くと聞いたので、
もしやと疑ったのは…

ブートキャンプ

対象となっているMACはここ一年以上まったくブートキャンプでWindowsを使っていないのだけど、
WindowsのNTFSにしてあるHDDがとても怪しいと睨んで、
対象のHDDアイコンを左クリックしてアンマウント(取り外しにアイコンを持っていく)して
Logicを再起動してみたらあっさり起動
しました。^^;

なるほど、NTFSドライブとアプリがコンフリクトしている様子。
ブートキャンプはMACOSXの売りでもあったのだけど、即10.6.7が出ないところを見ると…?
うーむ…。まぁ今使っていないので良いのだけどなかなかやっかいなトラブルです。
毎回Logic使う前にアンマウントするのも地味に面倒なので、該当HDDに
accessできないようにMACOS側で設定してしまおうか悩み中…。

そういえば、10.6.6+Logic Pro9で、1つ認識できないソフトシンセ発見。
ArturiaのArp2600V2。

実は地味に2.0.2にアップデートされていたようで、このアップデータで無事10.6.6で
動くようになりました♪
その他Brass等2.X.Xというアップデートされているものも一応アップデートしたほうがよさそうです。
ただ、まだMoogmodular起動時のバツっという激しい一瞬のノイズは発生することがありますが。

さてさて、なかなか制作詰めで個人的なものは進みがゆっくりですが、
作編曲に関わるお仕事のご依頼のほうはまだまだガンガンお受けできますので
お気軽にお問い合わせください♪