DTMモニターの適切な台数についての結論は?

4Kを1台!

これが鉄板です!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

LG 42.5型 42.5inch IPS 4Kモニター 43UN700-BAJP
価格:77,700円(税込、送料別) (2023/10/25時点)




鍵盤越しにモニターを置く場合42.5インチが限界であり適切。
ぎりぎり首が疲れない範囲で複数のエディットを同時にできます!

MAでも収まってしまう規模ですが、MAなら小さいモニター1台足してもよいかもです。

ただし、ハードを多く持っている場合はこの限りではありません。
ハードの位置に対してモニターが必要となることがあるため、台数が増える形が適切です。

現在のMシリーズで4K表示させてもCPUやグラフィックまわりで処理が重くなることはありません。
普通に制作のお供としてベストかなと。

逆に最小環境はMacBookとサブ画面iPad(もしくはDAWのコントロールアプリ)です。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【未開封|未使用 】iPad 第9世代 10.2インチ
価格:47,900円(税込、送料無料) (2023/10/25時点)




VenturaやSonomaではiPadを近づけるだけでサブディスプレイになります。
大変便利ですが、MacBookとiPadの持ち運びはなかなか重い点がネックですね。

鍵盤の代わりにiPadでキーボードとするなら最小環境ながら最大限にApple製品の良さを活かす形になります。

極論ですがこの二択が今の所最適解なきがします♪