ワードプレスブログの方、一気にSonoma関係のDTM対応状況を書き上げました💡

今回は慎重さを捨てて速度重視!

結果は下記のブログをご覧ください♪

https://mirrorofes.com

ここからは雑談。

今回のSonomaはこのブログに何度も書いている通りマイナーアップデートっぽいです。
2024年のmacOS15がメジャーアップデートっぽい可能性があります。

Intel版も2018年以降のモデルからしかインストールできないため、いよいよ来年はIntelシリーズ打ち切りかも?

Mシリーズが発売されて結構経ちますが、DTMでは未ださまざまなエフェクト/ソフテシンセを使う場合ネイティブで動かせずRosetta2経由(Intel互換モード)で動かすことになります。

ネイティブだとどれくらい快適なのか早く知りたいのですが、プラグインの対応はほんとゆっくり。
ものによっては消えていく運命にあるプラグインも。

完全にIntelが切られる前に使用しているプラグインの見直しをお勧めします!

どうしても必要なプラグインはIntel Macを保持して動かすなど工夫を。

今回OSそのものは安定している印象なのでDTM環境として良さそうな気配。
Venturaも安定している印象なのでここのところAppleは当たりOSの開発が上手ですね。

過去にはハズレOSがあり、動作不安定になることもありましたのでOSのメジャーアップデートはしっかり情報収集してからTime Machineバックアップして臨みましょう!