ネックピローなしでも余裕だと思っていた高速バス。



どうやらバスの構造や席にポイントがある様子

高速バスにはヘッドレストがついているのですが、これが湾曲していて頭が左右に動きにくいようにしてあるバスがあります。
もっとしっかりしたバスだとこの溝が深くなっておりとても快適に過ごせます。

窓際席の場合、窓側に頭を寄せることで頭の動きを固定することで快適に寝れることがあります。

が、ヘッドレストがフラット、窓と席の距離が絶妙に悪いとこれがうまくいかず最悪の寝心地に()

滅多にあたらない高速バスに乗ってしまったという感じですね😭

仕方ないので深夜3時前くらいにネックピローを膨らませてようやく浅い眠りに。

でも、着いたらめちゃくちゃ疲れてて翌日もダウンする勢いでした...。

この類は4列席系で起きると思ってください。

不安な人は3列席を。

かつ、ネックピローは絶対必須。

あと、夏こそ寒さ対策としてブランケットを!


冷房効きすぎで絶対体調崩します()