音楽機材の中でもハードウェアにおいて、専用エディタはなかなか使い勝手が良かったりで使い続けたい人も一定数いると思います。

が、わりと近年でた機材ですらMシリーズに入ったBig Surから非対応(正確には動作しない)という落とし穴があるのです。

よく海外のエディタにありがちな macOS xx.x.x Late みたいな表記。
Big Sur以降は動かない可能性があることを認識しておくべきです。

また、Mシリーズに対応しているかを記載していない場合未対応と考えましょう。
未対応がRosetta2で動くわけでもありません。

よって安定的なのはLionからSnow leopardあたりまでのOSでアプデを止めてあるIntel Macとなります。
この中古を探すのめちゃくちゃ大変そうです()

そのため、Windowsで動作すると記載があるなら記載されているWindows バージョンの中古PCを探す方が良いでしょう。

Windows 10、11はそれより前のWindowsのアプリが動くか自己責任となります。
そのため10や11の記載がないのであれば記載のあるWindowsバージョンを用意すべきです。

ここまでくると、それぞれの機材ごとにPCがいるかもしれないというとんでも罠にハマりますw

このブログにおいてはそれらエディタは捨て去ることをお勧めしたいw
古いサポートの切れたPCがいつまで動くのか未知ですからね...。

Macに関しては本当Intel Macの Big SurかBig Surアップデート前の中古がヴィンテージ化しそう()

機材持ちさんはガチで早めに動作するPCの確保に乗り出した方がよいですよ!