FL StudioといえばEDMみたいなとこありますよね。

そのFL Studioがついに21へ。

新機能見てみましょう!

・オーディオエンベロープとゲインコントロール
流行りのゲインコントロールがクリップに対して行えるようになりました。
エンベロープとはフェードのこと。
割と実装遅めだったんだなぁという印象。
これによりようやく他のDAWと並んだような。

・新しくなったブラウザ
FLのわかりずらさはLiveに匹敵しますからねw
ブラウザがreFXっぽくなりました。

・ユーザーインターフェイスのテーマを選択可能
FLユーザーってみんな作り方違うから確かにUIの色合いとかみんな違っても良いかなとw
より一層人によって違うDAWになり、FLを学び始める人は??になりそうかも?

・新しいエフェクト
VFX Sequencer(FL Studio 21 のすべてのエディションに付属)
Multiband Delay(Producer 以上に付属)
Vintage Phaser(Signature 以上に付属)
LuxeVERB(All Plugins Edition に付属)

アプデ無料DAWとしては頑張ってると言えます。
が、いまさら!?みたいなエフェクトが多い印象。
すでにサード製のを持っている人多そうですね...。

・マルチランゲージ対応
英語の他、中国語、ドイツ語、スペイン語に対応。
見事な日本語スルー。
これは仕方ない。
日本はクラブ系壊滅的に流行ってないから()

・推し機能について
プレイリストを推しにしてますがこの動作がややこしいとも?

ピアノロールは実際に21のを触ってみたんですが、コントローラーの種類が少なく分解脳も謎。
少し操作方法がStudio Oneっぽいという感じはしました。

ミキサーは相変わらずわかりにくい。
きちんとミックスしようと思うほど?になりますが直感まかせなら良いのかも?
RMS時代ならともかくラウドネス時代に直感はね...?

ライセンスキーは20のものを使えないので21のものをDLする必要がありました。

ということで機会があれば一曲21を使って作ってみようと思ってます。
お楽しみに♪