PianoteqもIvoryもピアノ音源の最高棒と言われているもの。

Pianoteqはこの前バージョンがあがりましたが、革新的な機能はつかなかった感じです。



Ivory2はさすがに古い音源の質感をしており使用頻度ダダ下がりしてましたが、ここにきてまさかの物理モデリングエンジン搭載で脅威のダイナミクス表現を可能とするピアノ音源に進化!

実はこの二つ、最新版で比較した場合結構使う状況がわかれそうなのです。

グランドピアノをホールで演奏しているぞ感は圧倒的にIvory3のが強い!




Pianoteqはハイの音も煌びやかに出るためグランドピアノの側にいるような感じで響きます。
逆にしっかり出ているのであればEQでなんとでもなると言え、あらゆるジャンルでの利便性が高い音源なのです!

さすがに今回のIvory3登場によって使い分けと考えるべきで、オーケストラ系やクラシックピアノ独奏では強い音源となりそうです!

久しぶりに良いと思える音源の登場。

VANGUARDといいソフトシンセ頑張ってますね!

逆にこの時期は古いプラグインを整理して使用しない/使用するをはっきり決めて新環境構築をした方が良さそう。

ちなみにIvory3はまだWindows版は発売時期が決まってません。
Mac先行なのは音楽分野においていつものことですが、大体同時発売していたので珍しいなぁと思うこの頃です。

ピアノ好きな人はこのふたつ持っておいたほうがよいですよ!