最強小型オーディオインターフェイスRME Babyface Pro FSの発売時の価格は¥100000ほど。

今や¥200000〜の価格となってしまっています😳

2倍から2.3倍...。発売時なら2台買えたみたいな状況に...。

ブラックフライデーも目新しい製品がなく、円安になっているためお買い得感はまったくなし。
例えば200ドル製品が50パーセントオフの100ドルとなっても14000円以上の金額に...()

少し前にも書きましたが、今は中古製品をうまく利用して音楽機材を集める方が良さそうな気配です😓





DTM自体を始めるにあたり、Apple製品ならガレージバンド、WindowsならBandlabがあるためハードルが高いわけではありません。どちらも優れたDAWであり音源もいろいろ入っています。

オーディオインターフェイスはマイク繋げたいなら


フォーカスライトというメーカーの一式揃うセットがよいかも。
このメーカーはマイクをつなげる部分を作るのが上手なメーカーです(プリアンプ)。

録音だけはあとから同じものが録れないため、最初から良いものを選ぶ必要があります。

本当は冒頭に紹介したRME製品貯金をするのが一番。

MIDIキーボードも進化しているわけではないので中古でも大丈夫。
古めのシンセサイザーを手に入れて下記のUSB MIDI変換を使いMIDI接続してみる方が本物ののシンセの勉強になるかも。




円安が収まるまでは上記のように中古製品や無料製品を利用してDTMを楽しむのも手だとおもいます😊