モニターヘッドフォンMDR-M1STはハイレゾヘッドフォンというポジションで販売されています。

音質が良いのはもちろん、音のきめ細やかさが違い解像度があがったように聴こえます。

結果として下記のような現象に気づきやすくなりました。

・楽器の余分な倍音にすぐ気づくことができ、格段にEQをコントロールしやすくなる。
・空間の音の混じり具合をはっきり捉えられるため、より的確なリバーブ値を与えることができる。
・Apple空間オーディオも制作可能 音像がより立体的で位置がはっきりする。
・耳につく成分はとことん響くためすぐにEQカットできる。
・発見しにくい不要なノイズもくっきり抜けてくるためカットしやすい
 結果美しい音だけが残りミックスの仕上がりがダンチ。

不必要なノイズを徹底カットし、目立つ倍音をカットすることでとても美しいサウンドを作り出すことが可能に。
これはモニタースピーカーよりモニターヘッドフォンの利点ともいえ、M1STの凄さにつながっています。

もちろんMDR-CD900STも良い音ですし、万人に通じるヘッドフォンです。
が、聴き直してみると上記の観点は荒々しい音質のためとても聞こえにくい印象。

制作途中はともかくミックス時は必須アイテムとなりそうな予感です♪

次回はワードプレスのほうでまとめ予定♪