VOICE TRANSFORMERとはボイスチェンジャーのこと。




VT-4なんかが良い例ですね。

巷では女性⇄男性変換ツールみたいなイメージがあるようですが、間違っているわけではありません。
この手のものはどれを使っても機械っぽさが付加されます。

付加されにくいものがあるとすると、業務用プラグインでしょうか。

ただ、配信などで使う場合は実機で直接変換したほうがよいですよね。
PC任せだとなんらかのトラブルで変換前音声になったりなんてことも。

これらを使ったことがある人はその機械っぽさ感に戸惑っている人もいるのではないでしょうか。

これらの本来の目的はBGMや歌にエッセンスを加えるためのもの。
そういった意味合いでいうとVT-4に関して、実は簡易的でしかありません。
あくまでボイスチェンジャーまでで、歌声を楽器と合成するみたいなことまではできないのです。

歌声と楽器(シンセサイザーなど)を合成する系統はボコーダーと呼ばれ、非常に音楽的な表現を可能とします。
あくまで楽器のように扱うため、話すことには特化していないのです。

ボイスチェンジャー自体は有名になりましたが、音楽家視点だとボコーダーが広まってほしいなと思ったりします。
ボコーダー曲について、日本では本当流行りにくいですからね...😓




入門用ボコーダーとしてはKORGの上記のモデルが一番スタンダードなのでぜひ遊んでみてください♪