iPhoneとMac間で、Air Dropを選択した際にお互い表示はされるけど送信しようとしたまま止まってしまう場合。

この場合、WiFi、Bluetoothをオフにしても送信できない場合がありました。

こうなったら、二つとも再起動。
これが一番解決の道のりと思われます。

それより、こういった現象に陥った際にiPhoneを接続してデータを取り出そうとしても、アプリ単位や項目単位でMacと同期してしまうようになっており、一枚の写真だけを取り出すというより、アルバム単位で同期してしまうように。
単純にiPhone内のフォルダやファイルをみたいだけなのに...。

いつのまにかこのようにシステムが変わってしまったのは残念。

上記の理由により、面倒ですが、物理USBフラッシュメモリなどをiPhoneにさし、そこにデータを入れてからMacに移す、またはその逆を行うという緊急手段を用意しておくこと!




とか




のようなMFi取得製品をおすすめします!