もうちょっと検証が必要なので、こちらのブログに書きます!




上記Core i9版MacBook Pro 16インチと




上記 M1MAX(リンク先のはPro版です)MacBook Pro 16インチ。

まさかの!?

DTMではM1MAXが負けているかもしれない😱

まず、Mac史上初メモリの使い方がおかしいw
100GBを超えるメモリを使用したためとかいうびっくりアラート登場。
まぁこれはKOMPLETEのせいなんですが、同プラグインをIntel版で動かしてそんなアラートは出たことなし。

ロゼッタ2経由によるLogic Proのせいか、プラグイン負荷によるオーバーロードやレイテンシーが合わなくなることによるノイズ発生段階が体感2倍😇

激重プラグインで有名なVPS Avengerと激重プラグインMSS(モダンスコアストリングス)でデモトラックを作った感じが上記の状態。



上記がそのトラック。
あまりの負荷率に嫌気が差して気分が乗らない結果に()

ちなみに比較スペックはCPU/GPUが違うだけ。
M1MAXMacも最上位、Intel Core i9 Macも最上位で比較しています。

ネイティブ対応じゃないからというのはわかっていても、如何せんネイティブに対応しているプラグインがほぼない。
ハードウェアとDAWが対応しても使用するプラグインが未対応ではなんとも()

せめてNative Instrumentsが全プラグインネイティブ対応してからKOMPLETEとLogic縛りでギリギリ制作できなくもないような感じ?

完全にAppleにサードメーカーが追いついていないし、AppleもM1MAXの性能をしっかり出せているのかよくわからず。

Core i9使っている人で乗り換え検討している人はM3チップが出る頃まで保留で良いんじゃないかと思ったり。

これからすぐにもMacBook Pro 16インチでガンガン曲作らないといけない人はCore i9がおすすめに()

M1MAX/Proは気長に待つ感じになっています..,。
ちなみにM1とM1MAX/Proはメーカーによって対応を分けているようで、当然後発であるMAX/Proは未対応だったり。
同じM1系列なのかと思いきや構造が違うのかも??

このあたりをしっかり実験してワードプレスブログに反映していきますので続報をお待ちください!