Protoolsに無料付帯されているXpand!2がMontereyで動きました💡

Xpand!2 Version 2021 Update for Mac

​•Support for macOS Big Sur

上記はBig Sur用ですが、これをインストールすることで動きます❣️

XPand!2は使いにくいマルチ音源として有名ですが、使いこなせるようになると、リアルな音の隙間をうまく埋めてくれたり、時にはレイヤー使ってプリセットに存在しない生楽器を作り出したり♪

何気にマルチ音源として優秀なんですよね♪

ただし、

使いこなすのが難しい=馴染みにくい癖のある音色

という意味あいでも有名なので、DTMを始めたばかりの人にはおすすめできないかも?

ちなみにクリスマスセールになると単品プラグイン販売価格100円とか0円とかもありうるので、クリスマスを待ちましょう💡

価格的にはディスコンだし、評価も上記の理由であまり良いわけではないのですが、ちゃんとAir Musicは見捨てずに更新してくれるし、使いこなせるようになるとかなり出番が上がるプラグインなので持っておいて損なしです♪

ProtoolsといえばPro Tools 2021.10でついに「M1」対応表明しました♪
まだ、Big Sur止まりですけども。

DADManは5.5.0 (a)からM1に対応するとのことで、HDXのまま今年が終わっていくのだなぁと思いましたw

AutoTuneがProtoolsHDXに戻ってきて、再び業務用プラグインになったことが印象的な一年。
この辺、要注意なんですが、あくまでDSPプラグインとして復活したことにより、Nativeよりありだなという言い方であって、AutoTune=最強補正プラグインというわけではないので気をつけて!
しかも、HDXやCarbonあたりを持ってないと意味ないのであまり一般DTMerには関係がない話題😓




今年のAVIDはようやく持ち直してる感がでてきているけれど、サブスクが煩雑すぎるのですっきりさせてほしいと思うこの頃w