Logic Pro X 10.6.3に無料アップすることでiLokで動くプラグインを作動させるとクラッシュする問題は解決💡




タイトルの通りStudio Stringsを使用すると「Accented Sustain」奏法時「ボンッ」っていうノイズが乗ることがあります😓

しかも上記奏法使用時に発生するわけでも特定音程で発生するわけでも特定ベロシティで発生するわけでもない?
必ず奏法を利用した特定の小節でのみ発生。
その他の小節で使用していても発生しない。

その場所はどうしようもないので「Sustain」を使用する形で回避するしかない形でした😭
まぁそこまで演奏の雰囲気が壊れなかったので良いのですが...。

それとKontaktにも?




こちらはKontaktを最新バージョンにしてから酷くなったというもので、symphony系の音源の音量が小さくなった??
そもそも奏法を切り替えると音量差がひどくて使いにくい音色ではありましたが、もしかして奏法切り替えした側に合わせてしまったのかな??

KontaktのトラックVolを+6dBくらいに設定してようやくっていうところでラウドネス基準はともかくRMS基準だとそれでも小さいかも()

どちらも良音源なので改善されることを期待したいのだけど、Kontaktの方は長らく放置されているので期待薄かも😓