↑のようにHDMI機器を入力し、PCにUSB経由で出力が可能かつ入力されたHDMI情報をそのままHDMIに出力できるといういわゆるゲーム配信などが可能になるビデオキャプチャー

調べてみるとこの価格がまたびっくりなことに数千円😳

この価格帯のものがまともに動くのかという興味があったんですが、これと同じような製品をついに触る機会がありました👍🏻

本体をUSBで繋げると特に専用ドライバも必要なく動き、OBS Studioに入力情報があがってきます😳
遅延もなく普通に使える感じがすごい...。

「配信をしたい」という目的に対する装置の価格面ではもはやハードルが高いとはいえず、やる気と根気があれば叶ってしまう💡

何事もそうですが、極めてもなお継続することが一番難しい🧐

コンテンツを作る事を誰もができる時代。

一番ポイントなのは求められるコンテンツを作れる能力。
あまり多くに求められにくいニッチコンテンツを作る能力も大切。

いずれにしろ作り続けなければ始まらないので手元にある身近なものから始めてみましょう👍🏻