今回は日勤や夜勤の違いを知りたい人向け記事♪

日勤と夜勤の決定的な違いは?

メンタル

仮に朝から夜まで屋内で働いたとしても、朝出かけるという点、夜帰るという点が体のサイクルとあっているんでしょうね。
わりと普通に朝行って、夜には1日終わったーって感じになりまあまあ充実した感じになります💡

が、夜勤は違う()

夜勤は深夜前に行って朝帰り。
特にきついのが出発前と朝4-5時あたり。

出発前はなんとなく心が不安定。
出発から到着までは、昼より圧倒的に静かな街中がどことなく寂しい。

朝4時あたりはまだ4時なんだなという感覚と日の出の時間が近づく感覚が入り乱れ、
朝5時は日の出とともに1日が始まるのにお仕事は終わり近いという謎。

朝日が見えるような屋外に出れる仕事は清々しさより1日が始まるのにぐったりみたいな感覚。

仮に6時間眠る習慣があるのだとしたら、
朝9時くらいに寝て起きたら午後3時😓
ニュースなんて見ようものなら「あれ? もう半日終わってる...」みたいな()

日勤夜勤どちらかに振り切った生活ならそれも良いかもしれませんが、
交互とか両方とかはもはや1日どうスケジュール立てるべきか??になりますw

まあ、コロナ状況下では【働けるだけマシ】なんですけどね😇





夜勤は日勤より時給が上がるとはいえ、メンタルがやられてはもともこもありません。
夜間、夜型人間さんでもきついときあるので、夜が苦手な方は日勤を探しましょう👍🏻

以上、日勤と夜勤の違いでした♪