業界スタンダードといえるSM58。

通称「ゴッパー」

このダイナミックマイクよりコンデンサーマイクのが良いだとかいろいろな勘違いを聞くようになったので改めてご紹介♪

まず、SM58はダイナミック型マイクロフォンというものとなり特徴は

・大きな音に強い
・衝撃に強い
・湿度に強い
・小さな音は拾わない

となります💡

ボーカルレコーディングに例えるなら、シャウトしちゃうボーカリストさん必須💡
ヒップホップのようなハンドマイクによる持ち方をする場合もこのマイク👍🏻
環境音が入りにくため屋内、屋外ライブにも向いています‼️

逆に言えば、

か細い声の人やダイナミクスの激しい歌収録(極端にはオペラとか)には向いていない😳

どちらが綺麗に録音できるかに焦点が当たりがちですが、どちらかというと大切なのは
歌い方や使用環境にあったマイクを選択しているかが重要です💡



ちなみにSM57と言われるマイクはボーカル用のSM58と違いウインドスクリーンがついていません。
そのため、楽器の収録用となります♪

世の中はボーカルしたい人が圧倒的に多いためあまり知られていないですがSM57はかなり優秀なマイクでスタジオでもレコーディングに登場します😊

ダイナミックマイクも現在は様々な選択肢がありますがSM58は王道マイクとなり、もっていて損なしマイク。
ただし、声量がある、またはハスキー系ボイスに向いているということを覚えておきましょう!

声量の小さな人はやはりコンデンサーマイクを使うことになるのですがこちらはかなりの金額を出さない限り万能タイプは購入できません😓

お手頃なコンデンサーマイクはかなり人を選ぶため、自分の声にあった適切なマイク選びが必要となるのですが、これはレコーディングエンジニアさんに歌声を分析してもらわないとわからないと思います😳

歌の録音って奇跡のワンテイクの連続。
同じ歌声は出せそうで出せません。
今や安価に機材は誰でも手に入る時代ですが、やっぱりレコーディングスタジオでしっかり録ってみてほしいですね👍🏻

そうじゃないと近い将来街中から本格的なレコーディングスタジオは消えてしまうかもしれませんよ😇