「Digital Performer」を制作するMOTU社は無敵のMIDIインターフェイスを作り続ける唯一のメーカー!
たくさんMIDI端子の機器を繋げたいならこのメーカーのものが鉄板は基本♪

そんなMOTU社、実はシーケンサーを作る会社としても有名で、作曲アプリである
「Digital Performer」を1985年から作り続けているという超老舗メーカーさん。

その「Digital Performer」の最新版である10がなんと数量限定半額セール開始💡

他のDAWとの決定的違いは、
MIDIのPPQ解像度が

2トリリオン(2兆)

とかいうもはや謎の分解能をもっていますw

MIDIに関しては現行出ている有名DAWの中でもずば抜けてハイスペックなので、MIDIを扱う人には超おすすめ♪

ただし、画面から漂う玄人感はどうしてもあるので昨今の直感的インターフェイスとはいえない点が注意!

向いているジャンルはサウンドトラックやオーケストラ。
または緻密なMIDI編集をするような制作。

なんでもできるDAWですが、旧SONARのようにリージョンやクリップという概念が曖昧で、音符を入れたらリージョン(クリップ)ができる方式なので、同じパターンの繰り返しみたいな作り方はStudio OneやLogicとは違います。

DAWのほんの少しの差で触りたくなくなったりするものなのでそのあたりは要注意です!

通常価格¥65000が¥33,000になり、高機能なDAWがより身近に!
とっても良いことだと思いますのでMIDI好きさんはぜひ♪