iPhone SEがここのところバッテリー100パーセントでもツイッターアプリを開く瞬間に落ちてしまいます()
しかも再起動できないぐらいにバッテリー低下してたり😓

ところがツイッター以外のアプリ、例えば写メやら動画撮影ではそんな現象は起きません。

現時点ではバッテリーの性能は91パーセント😳

設定>バッテリー>バッテリーの状態



最適化されたバッテリー充電

という項目があり、バッテリーを効率よく使ってくれる機能らしいのですが...

他にピークバフォーマンス性能という機能も現在のiOSには追加されて、
瞬間的な電力のピークをバッテリーが提供できなくなってシャットダウンが発生する現象を防いでくれます。

今回はこの

瞬間的な電力のピークをバッテリーが提供できなくなってシャットダウンが発生する現象

が起きているのだと思います😓

ツイッターアプリ、使用量100パーセントになってます。
重すぎです()

iPhone SEは本当マスカーにとって正義な指紋認証、小型サイズでさっと取り出せさっとしまえる手軽さ、
握りやすいサイズなど良いとこがありすぎてもはやメインのまま。

なんとかならないのかなと思いつつも、現状はモバイルバッテリーを繋ぎっぱなしにするか、充電したまま使うしかない感じです😭


ぱっと見バッテリー劣化とまでいかなさそうですが、待機モードでほっとくと2時間強でバッテリーが10パーセントまで落ちるためバッテリーに問題があるのかもしれません...

機会があればバッテリー交換を試みたいのですが、iPhone SE2の噂も気になりますね💡


バッテリー交換キットは↑のようなものがでており、個人で交換できるようです♪
ちょっと難しそうですけどね😓

同じような現象で悩んでいる方情報共有ぜひ!