2018年7月にスキルクラウドを立ち上げたJP-Pride株式会社が2020年3月に手放すという衝撃的な発表が入りました😳





2020年3月2日より、株式会社ヒューマン・コネクトが運営するそうです😳


少し前からおいかけているいわゆるクラウドソーシング。

どうにも過渡期というか...。

むしろ、賑わってるのはやっぱり副業をしたい人に副業を勧めるサービス😓


ストアカという教育スキル全ふりにクラウドソーシングもあるんですが



こちらも、どうも調べていくともともといる生徒さんがこちらを利用して評価をあげていくスタイルで、そもそもこのサイトがうまく機能しているかというと微妙な雰囲気。
しかも手数料10パーセント引かれますから教室がある人にとってはどこが魅力なのかという謎も...。




タイムチケットは時間を売るという発想なのですが、上位は転売とマッチングアプリ攻略、投資系ばかり。
このサイトで単純に持っているスキルを活かして云々は厳しい雰囲気です😳




最初のスキルクラウドに関しては設立年あたりにちょいちょい登録して少し活動履歴があるものの、今は静かすぎる印象で、おそらくA8のセルフバックか情報商材あたりでとりあえず立ち上げたけど実際何もサービス展開してない人ばかり。




と、やはりココナラが一番強いことになりますね😳




前の記事にも書きましたが、ココナラも飽和状態で、初期にトップをとれてた人だけがうまく回っている印象。
そして、ココナラ初期登録者のブログを読む限り、他サイトに登録しても結局ココナラしか回らないのだとか。
さらには各種サイトが禁止している直やりとりしてるなんて垢BANされるようなことを発言しているブログも😓

スキルや余った時間を売るという概念、大変面白い着想なんですが、多くの日本人の働き方に適していない形なのかもしれません。
よくよく考えるとベビーシッターのようなサービスより保育園に預けるというサービスがメインになる日本。

個より集団という心理が根強い日本ではそれこそ副業を本業にしたいとか思う少数派に対してのサービス展開しないとスキルを購入しようという概念に至らないのかもしれません。

だいぶん考察できてきたのでしっかりまとまり次第、もうひとつのブログにまとめていきたいと思っています♪

もうひとつのブログはこちら♪