ココナラってサイト、ここのところ随分有名になりました💡

このサイトの特徴は個人の得意なサービスを売ることができ、それを買うこともできるというもの。

今のネット社会では、SNSで直やりとりもできると思いますが、仲介業者を挟むことで手数料は取られるものの信頼性と安全性、トラブルの軽減を図れるというもの。

この手のサービス、2017年頃からたくさん出始めて現在飽和しているんじゃないかと思うくらいあります😳

一時期の音楽業界におけるマイスペース→SoundCloud→崩壊の危機で似たサービス増加とちょうど時期もだだ被り。

実際、ココナラで成果を挙げている人は多いですが、それなら今から成果があげられるかというと実はそうでもありません()

ココナラのシステムはいいねがつくことにより上昇しトップページへの表示や信頼性を得るというもの。
類似したサービスの二番手三番手では一番手のいいね数を上回ることは難しく埋もれます。

そして埋れれば何も依頼はきません()

似たサービスとして、

自分だけのネットショップが作れる「BASE」




こちらは物を売るネットショップなのでココナラとは属性違い。
ヤフオクやメルカリとは違うブランドを作りたい人向けな印象。

手数料業界最安のクラウドソーシングサービス「Bizseek」

こちらは今年あまり賑わってない?
2018年あたりまで活発だったようで、今は商品を買ってそれを業者に送りつけることで報酬を得る副業が目立ちます。
初回のみ何円みたいなやつを買ってもらいそれを回収した業者が定価より安く販売することで互いに利益を生むみたいなシステムなのかなと思ってみたり😌

教室・レッスン・講座に特化した「ストリートアカデミー」



こちらも2018年ごろ活発だったようです。
いわゆる講師業をしている個人さんが登録するタイプ。
ココナラとは違い、実際に場所指定して受講する形とオンラインと選択できるようです。

個人の時間を売り買いできる「タイムチケット」



30分あたり〜します
みたいなわかやすい時間制による副業サイト。
こちらは今も賑わっているようです。


このように様々な副業サイトが出てきています。
これは2017年すぎからの世の中の流れとも言えますし、今は過渡期な気がします。




ココナラを一度覗いてみてもらうとわかるのですが、ココナラ最初期にたくさん売り込んだ人(無料サービス提供できた時期にいいね稼ぎした人)が上位を占めておりそれだけで回ってしまっています。

知名度が高く実績もあるとなれば、似た新規さんに頼むより安心しますもんね😳

というわけで、副業サイト、どうも飽和感があることと、副業といっても個人事業主や法人並のセンスが必要。
誰もがそのセンスを持ち合わせているわけではないということです😱

開業が難しいことだとは個人的には思いませんが、世の中の人の意見を見ていると開業ハードルは随分高いようです😳

自分から能動的に世の中に働きかけたい、そのための仕組みを考えられる人がこういったサイトをうまく使いこなせるともいえますし、ブランド力を高めればこういったサイトを使うことは手数料やサイト利用制約(こういったサイトで得た顧客を同じ事業で勝手に取り込んではいけないなど)がデメリットとなります。

初めての副業というか本格的な開業する前のお試し感が強いかなと感じました‼️

経済の動向に合わせてこういったサービスが乱立しているので、引き続き動向を探っていきたいと思います👍🏻