ROLANDといえば最強鍵盤であるRD-2000を作ったメーカー。
なにがすごいってベロシティが127段階ではなく、127✖️127段階あるんですよね💡

この機種が出てきたことによって有名なピアノソフトシンセである

IVORY2や



Pianoteq6が



RD-2000が対応しているハイレゾベロシティに対応してきたくらいです😳

そして、このハイレゾベロシティはMIDI2.0規格の一種だったりするのです👍🏻

MIDI2.0規格でポイントなのは、解像度があがるということ!
とはいえ、まだ規格はまとまりきれていない状態で、実は結構前から話し合っていて私もちらっと参加したことありますw

分解能があがることによりより一層本物のようにしか感じない弾き心地を得られるので、ぜひRD-2000+上記のソフトシンセで試奏してみてください♪

と、話を戻してA88M IIについて

A88M II
88鍵(PHA-4スタンダード鍵盤:エスケープメント付き、象牙調)

RD-2000
88鍵 (PHA-50鍵盤:ハイブリッド構造(木材×樹脂センターフレーム)、エスケープメント付、象牙調・黒檀調)

ということなので、どうも今回もRD-2000を再強鍵盤特化フラッグシップとして、A88MK IIは下位の位置付けのようです()

MIDIキーボードの究極系を作っちゃうとハードシンセ全滅の恐れがあるからですかね...w

とはいえ、グランドピアノ系タッチにおける最強のMIDIキーボードとして君臨することは間違いなし!

なかなか興味ある機材の登場でワクワクします♪

機材好きさんはNAMM2020も合わせてチェックしてみてくださいね♪