ついにreFXよりNEXUS3がリリースされました!

https://refx.com/nexus/


NEXUSといえばソフトシンセ界でも超有名


ハードシンセサイザーでいうところのVirusに近い位置付けで、NEXUS2が出た頃よく比較されていました。

NEXUS自体なかなか古いソフトシンセで、2008年に誕生しています。

11年も経っているのでさすがにNEXUS2自体は古臭い音。

少し音がこもっていてハードのPCMシンセみたいな音にWET系エフェクトふんだん利用。

そしていよいよ2019年NEXUS3登場!

気になる音質は今風な癖のないデジタルでクリアな音質へシフト。
エフェクトも随分抑え気味になり、音の芯がはっきりわかります!
が、音は細い印象です。

下記、NEXUS3のみでデモサウンドを作ってみましたので聴いてみてください♪



まさにこのデモの通りの音質。
NEXUS2のが好きという人はアップデート要注意。
どうもいろいろな方法を駆使しないとNEXUS2はNEXUS3に上書きされてしまうようです。
2の音色はロードできるようですが、3の品質で鳴るため2っぽくない。

色々なシンセ系音色が続々リリースされますが、自分で0からシンセの音色作る人にとってはこのNEXUS3はあまり向いているとは言えず、音圧面や音の太さでも負けてしまいます。

さきほどのデモ曲、実は音を太くするエフェクトかけてますからね...。

2019年、このソフトシンセが熱いというのはあまりなかったですね。



KOMPLETE一強ですが、MASSIVE Xはさほどすごいとは言えず重い&モジュラー構造理解しないと使えないというスタンダードシンセとは明後日の方向へ。
しかもパッチ組みまくるとゲキ重()

その点はNEXUS3、2より軽くなったので大量に立ち上げられます♪

今年のソフトシンセ界はOSの変化に向けてブラッシュアップしてきた感があるものの、目新しいシンセがでてきたという感じではない印象。

これを持っとけば今風みたいなのはない気がします。

初音ミクNTはなかなかびっくりしましたがw

ソフトシンセ界も飽和してきているなぁという印象ですね。

2020年は機材面が変わってくるようなので期待大です♪

ということで少し雑記風な記事でした👍🏻