Pro Tools HD9以降のライセンス持ちの人が使える再加入プランはどれかお店で教えてもらった結果




こちらが適応対象になるとのこと♪

本年度でラストとなり、来年からは新規ライセンス購入かサブスクリプションの二択になるみたい😓

ちなみに、これを適応した場合適応日から1年間アップデートが入った場合更新し続けることができ、
1年すぎる前に加入プラン継続を選ぶ必要があるとのこと。

もし継続しなかった場合は、最後に入手したPro Toolsが最終バージョンとなり使い続けることは可能♪
以降は同様に新規ライセンス購入かサブスクリプションの二択。

更新を止めていたPro Tools使いはいよいよ今回の更新適応をするかしないかで大きく分かれ道に?


↑は40%OFF

上記までがPro Tools | Ultimateの再加入プランに関して

下記は無印Pto Toolsについて

無印Pro toolsは下記のいずれかでのみ再加入可能
Pro Tools 9 / 10 / 11 / 12
Pro Tools Express (Pro Tools Mbox、Fast Track SoloまたはFast Track Duoにバンドルされていたバージョンのみ)
inMUSIC版を除く
Pro Tools M-Powered / Pro Tools MP 6–9
※M-Powered Essentialsは対象外



↑無印は33% OFFで再加入できます!


どちらも2019/12/31まで!

・雑談
いよいよ過去ユーザー大精算って感じです!
使わない人をバッサリ切っていく感じ!
来年の展開はどうなるのか?
バージョンアップでCatalinaに対応したり新Mac Proの対応準備に入っていることから久々にやる気のある更新の様子!
録音スタジオとしては目が離せない情報です!

・Pro Toolsバージョン2019.12について

Pro Toolsバージョン2019.12ではmacOS Catalina (10.15.1)がサポート!
ただしいくつかのファイル・タイプと機能は64-bitコンポーネントへ移行中で動作しない!
新しいMac Pro(2019年12月10日リリース)におけるPro Toolsの使用は現時点でサポートされない!