まず結論から言うと手元に残ったモバイルルーターを再度使うことができます!

手順などくわしくはこちらのブログを

簡単に言えばWiMAX系とモバイルルーター契約していた場合、解約後に残るモバイルルーターはau回線のnano SIMなら
どれでも動くと思われます。

実験ではRakuten Mobileのau回線SIMを使用して無事動きました



よくネットでWiMAXにマイネオのauSIMを差し込むと動くなんて情報が流れてますよね💡



つまりUQ WiMAX系統はau回線のため、au回線のSIMカードであれば動くのです♪

データ通信カードについてはぶっちゃけUQ系より格安SIM系のが圧倒的にオススメ
UQ系では1005円の別途利用料が必要な4G LTEモードが無料で使えるんですもの😳

ぶっちゃけLTEモードないと地下と山間部は絶対繋がりません。

今回手に入れたSIMをSIMフリーSIMなしiPhoneに差してもよいかなと思ったんですが、いちいちテザリング設定するのが面倒なのでやっぱりモバイルルーターに差しました♪



UQ系はなんだかんだで月額6000円超えの設定になり、そのわりに繋がらない場所は多い、au回線ゆえの3日間の合計容量によって速度制限がかかるなど無制限WiFiとしては致命的問題点ばかり。

今回のSIM乗り換えによって月額1000円あたりに😳
なんということでしょう😱
今までとんでも無駄金をWiFiに使っていたのだなと思いました()

都市部ではフリーWiFiまみれだったりでそんなに必要のなかった無制限WiFi。
仮にゲームや動画をガンガンしてたなら即速度制限かかってやっぱり💢だったかもしれませんw

ということで、UQ系をお使いのみなさんご参考に♪