SSL化された(URL が https:// から始まる)サイトにSSL化されていない(URL が http:// から始まる)サイトの動画やら画像コンテンツをリンク表示している場合、Chromeではブロックを実施するとGoogleが発表しました。

2020年1月 動画と音声をブロック

2020年2月 画像をブロック

この流れからして、http:// つまりSSL化していないサイトは撲滅に進むような状況です。

実はhttp://で始まるサイトで有益なサイトは多いのです。
例えばお医者さんのお薬の説明サイトなど。

SSL化が基本ではなかった時代のコンテンツはネットにかなり溢れており、有益なコンテンツは多いです。
まとめサイトの一部なんかもSSL化してないサイトがあります。

このSSL化は安全なサイト証明という意味なんですが、https:// SSL対応でも怪しいサイトなんていくらでもでてきます。
そしてこのSSL、基本的にはSSL化するにあたり有料なんです。しかも月額とかで。





↑こんな感じです。

高いですよね?
でも、高いほどセキュア、つまり安全なサイトと認識されるわけです()

Googleはありとあらゆる方法でえぐい商売をしているような気がしてなりません()

かといって無視できることではないのです。
みなさんGoogle検索やChrome使いますもんね...。

まさに支配!
Google様に逆らうとバンされるという...

Youtubeも2019年12月から曖昧な表現による超規制に入ります。
Google様強すぎます...




↑のようにサーバー維持費を支払ってSSL化維持費も払うという二重縛り。
WEBページの維持は大変です😱

そして、いつの間にかSNSに情報がどんどん集約してしまっている時代。
動画とSNS無敵みたいな状況です😭

コンテンツ提供の仕方を日々捉え直さないと時代に置いてきぼりに。
特に2018-2019年は技術革新が凄まじく、2020年は仮想空間がより身近に、そして量子コンピュータがGoogleによって実現まで引っ張られている状況なさなかアメリカでは6Gが出てくる始末。

消費する側は知らずに生活に溶け込んで楽しむ感覚ですが、コンテンツ提供側はこういった日々の技術進化を意識しないとあっという間にオワコンコンテンツ制作者になってしまうのです...

何事も日々アンテナを張っていかなきゃですね!

雑談込み込み話でした♪


最後に宣伝w
どこまで持つかわかりませんが今のところさくらインターネットだと無料SSL化もできたりしますのでオススメですよ♪