いよいよリリース間近macOS Catalina。

ところがこのOS、Mojaveを使っている方ならご存知の通り、かなりのアプリが次のOSより動かなくなるとアラートがでます。

RMEやApogeeですらでます!



例えばローランドでは下記の製品はアップデートを控えるよう告知しています。

macOS Catalina (macOS 10.15) で現状動かない製品

A-PRO Editor
BR-800 Rhythm Editor
BR Series Wave Converter
BR-800 Rhythm Editor
eBand Song ListEditor
GR-55 Librarian
GT-10 Librarian
GT-10B Librarian
M-200i RCS
M-300 RCS
R-1000 RCS
SP-404SX Wave Converter
SPD-SX Wave Manager
V-Piano Editor
VB-99 Editor
VB-99 Librarian
VG-99 Editor
VG-99 Librarian
PG-SH101 SH101
PG-SH2 SH2
PG-SYS100 SYSTEM100
PG-PRMRS PROMARS
PG-SYSTEM1 SYSTEM-1
SC-VA SOUND Canvas VA

割と最近の機種ですらリストインしています。

DTMされている方は他にも様々なプラグインやアプリ、ハードを使っていると思うのでアップデートをしないように!

Mojaveのときのように画面右上に無料OSアップデートを促す告知が起動毎に出る可能性が高いですが邪魔だからといって押さないように!

DTM製品は早くても新しいOS対応までに半年くらいかかると考えた方が良いです。

現在のMojaveではWAVES V9は非対応(無理やり入れる方法はある)
当然新OSならV10またはV11あたりからしか対応してきません。
WAVESの場合はアップデートは無料ではないので気をつけてください。

以上、いよいよ10月に入ると新OSが出るため、DTMされてる方向けへの注意事項でした!
どうしてもアップしたい方は必ずMojaveの段階でタイムマシンバックアップしておきましょう!