動画制作の有名アプリといえば

Final Cut Pro



Adobe Premiere

というか、この二つに落ち着きますのでまよわずここまで突き進んで良いかなと。

この二つのアプリ、挙動が違います。


まずはFinal Cut Pro。

これはiMovieの進化版と考えてもらうとよく、iMovieの機能制限解除と捉えても良いです。
Apple製品を持っている人ならイメージは付きやすいかなと。
まったくApple製品を使ったことがない人は感覚的に動作すると考えてみてください。
直感的にこうしたいなが形になっていくのが最大の特徴。
逆に言えば緻密な作業はAdobe側に軍杯が上がります。



一方でAdobe Premiereはどうかというと?

Premiereはかっちりしたアプリで、タイムラインと素材管理がデータベース的。
なによりPhotoShopやIllustratorなどAdobe製品のデータを読み込んでしまえるのは強いですね。
ただ、個人でデザイナーツールで作り込んで動画まで仕上げる人はそうそういないと思います。
そういう意味ではどちらのアプリもさほど気にならない範囲なのです。


では少しまとめてみましょう

Premiere
ファイル管理 ◉
他アプリ連嶺 ◉
音声編集操作 ▲
購入有無   月額制

Final Cut Pro
ファイル管理 ◉
他アプリ連嶺 ▲
音声編集操作 ◉
購入有無   アプリ一括購入

このような形になります。
Final Cut ProはMac自体とのファイル管理共有機能がついており独自に強いのです。
そしてApple製品は音楽に強いだけあって音声周りの編集が非常に強くPremiereより上になります。


DTMもDTPも経験のある身からすると、アプリ連携による細かい演出はPremiereで良いと思うのですが個人が扱うレベルを超えるため、個人ならFinal Cut Pro のが手軽に高品質動画が作れるのでオススメという結論です。

ただしPremiereは月額制(年額プランは少しお値打ち)


こういったカードによる購入も可能で、こちらを強くお勧めします。
クレジットカードなどだと自動引き落としで永遠と更新され続ける上に解約手続きが非常に分かりにくいのです。

Final Cut Proは時期によって価格変動しますが一括で買う形。
現時点では34800円。

特定時期からFinal Cut Proのがお値打ちになります。
毎日動画作ってなんらか収益化で動画アプリ代金を回収できる目処がつかないとどんどんお金が減っていくのがサブスクリプション(月額制)の問題点。

両方使った身としては強くFinal Cut Proをお勧めしたいところなんですがMacも要ることがポイント。
MacのOSレベルによる連携を一度体感するとそうそう他社製アプリを使おうとは思えなくなります。



この前出たMacBook Pro 13インチモデルは価格も抑えめながら十分Final Cut Proを4Kでサクサク動かせるので
お勧めですよ♪

ということでDTPを使っている人でもFinal Cut Proはお勧めというお話でした♪