AdobeのAfter Effects→Premiereと乗り換えてきて最後にたどり着いたのはFinal Cut Proでした♪

正直な話、最初からFinal Cut Proにしておけば良かったと思ってますw

After Effectsは時間軸のあるPhotoshopなので明確には種類違いなんですが、この3つの動画編集アプリで一番使いやすく楽しく作れたのがFinal Cut Proでしたよ😊

Apple製品使ってる人ならiMovieっていうアプリを知ってるかもしれませんが、あれの機能拡張版がFinal Cut Proだと思ってもらえれば。

iMovieでここがこう動いてくれればとか歯がゆい思いをすべて解決する感じです💡

PremiereはAdobeの流れをそのまま持ってきているのでAdobe製品に慣れているなら特に難しいと思うことはないと思いますが、いきなりAdobe製品に手を出すのは無謀です()
かなり独特なインターフェイスなのでAdobe製品使おうと思っている方は要注意!

PremiereでできることはAfter Effectsでもできますが、やはりAfter EffectsはPhotoshopパラメータがそのまま出てくる感じの操作方法で長い尺の動画制作は映像を軸とするPremiereの方が簡単かつ綺麗に作れます♪




Adobe製品全部の連携を考えるとPremiereの方が強い気がしますが、果たして個人レベルでPhotoshop、Illustrator、After Effectsを行き来するような超絶凝った動画を作るのかという点が。

動画クオリティも大切ですが何より動画本数もそれなりに作っていかないといけません。
そういう意味でもバランスがとれているFinal Cut Proはおすすめなのです。
また、Appleが音楽に強いことから音声関係はFinal Cut Proのが一歩リードしている印象です。

さらに、Final Cut ProはOSやMacの機能そのものを利用して動いている点からすべての動作がキビキビしています。

感覚的な操作はFinal Cut Proの圧勝。
緻密な値を扱うのが得意なのはPremiereという印象です。

あとはサブスクリプション問題。
Adobeは月額または年額で借りて使う形。
この方式はDTMの世界でもあるのですが微妙で成功しているといえる会社は少ない印象です。

借りるという概念は物理的な物や目に見えないサービスに対しては有効に働くことがありますがデジタル物に関しては微妙。

その点Apple製品ならよほど大きなアップグレードが入らない限りずっと無料アップデートできます。
その分本体代に乗っかってるような気がしますがそれを差し引いてもサブスクリプションよりマシです。

2019/8時点で
Premiere Pro - 単体プラン 月額 2,480円

Final Cut Proは円高などで変動しますが、現在はApp Storeからのみの購入制で34,800円。

Premiere Proを15ヶ月(14ヶ月目で34,720円)使った段階でFinal Cut Proのが安くなります。

途中で動画制作めげない自信があるならFinal Cut Pro一強です♪

どちらのアプリにも良い点はありますがこのサブスクリプションをどう捉えるかは結構ポイントです。
今はPhotoshopに代わるアプリも出てきたためAdobe縛りをする理由があるのなら印刷物データ制作のときくらいでしょうか。時代は進みデジタル全盛。余程じゃない限りAdobeである必要はなくなってきています。

というわけで、有名どころの動画編集アプリを触った結果、Final Cut Proが優秀であるという結果でした♪
これから動画制作したいと思っている方、ぜひご参考ください😊