Samsung SSD 970EVO を取り付けることができるケースはこれ↑

さて、いきなり結論から始まったブログですが、この970EVO、最近色々Macで使うにあたり注意事項が。

上記の製品は正規品でもちろん古いMac Book ProやAir系にとりつけて動かすことができます。
事実このブログを書いているMacは970EVOで動いてます♪

さて、なにがやっかいかというと二点!

一点目は

Samsung SSD 500GB 970 EVO Plus という製品が出たこと。
これ、Macで認識できないんです😱

なので間違えないように 970 EVOを買う必要があるのですが...

二点目はご存知かもしれませんがサムスンは韓国の会社。
今の日本との関係悪化で急激に価格高騰もしくは手に入りにくい状態になっているのです()



Crucial SSD M.2 1000GBなんかはついに12000円切りそうです。
SSDはもうM.2にシフトしてる感じですね。

こうしてみるとサムスンは二倍近い金額または売ってないみたいになってます。
Mac使いとしては厳しい状況です...。


さて、ここからは今時のMacについて少し。
現在のMacはSSD換装不可なのでUSB-Cとして外付けSSDからのOS起動という手を最初から考えておく必要があります。
SSDを追加内蔵できる新しいMacはMac Proだけですからね。

再びユーザーがSSDとメモリ、バッテリーを交換できるMac Bookシリーズを出してもらいたいところです。
Mac Book系を導入する機会があるなら中古は全然ありだと思ってください!





現時点での最新OSであるMojaveは下記のモデルまでインストールできます♪
MacBook (2015 年前期以降に発売されたモデル)
MacBook Air (2012 年中期以降に発売されたモデル)
MacBook Pro (2012 年中期以降に発売されたモデル)

下記に換装可能なMac Bookシリーズを記載しておきます。

MacBook Pro (2016, 2017)タッチバー無しモデルとMacBook Pro (2015)以前のモデルはSSD換装&容量アップ可
MacBook (2010)以前のモデルはSSD換装&容量アップ可
MacBook Air (2017)以前のモデルはSSD換装&容量アップ可

中古品の弱点があるとするならヘタリやディスプレイの寿命くらいです。
ユーザー換装可能という点においてはSSDは最新のものを入れられたり、バッテリーは場合によって容量アップして純正より長くもつことも。

換装できない最新ノート系Macは総じて寿命が短いのです。

なので例えば、

・本格的な音楽制作、映像制作、画像編集
これらは現状常に最新のMacへ買い替えを続けるしかない。

・複雑性のない音楽作り、映像作り、画像編集、事務作業、ネット閲覧
これらは旧モデルの方が換装して長く使えるし、スペック的にも2012年あたりまで戻ったとして16GBのメモリを積めたりCore i5やi7モデルが手に入るのでなんら不自由しないのです。
むしろパーツ換装しながら長く使うことができます♪





最新OSが載せられるオススメMacBook Proは
MacBook Pro 2012年以降から(2016, 2017)タッチバー無しモデルとMacBook Pro (2015)以前のモデル
です♪

Mac Book Proはメモリ、SSD、バッテリーの三点交換できますからね♪

最新OSが載せられるMacBook Airに関しては
MacBook Air 2012年の8GBメモリ以上のものから(2017)以前までのモデル
がオススメです。
Proと違い後からメモリの交換はできませんのでメモリ4GB版だとほんの少し頼りないです。
ただ、絶望的という感じはなくそれなりに4GBでサクサク動くのがAirの恐ろしいところですw

Mac中古市場はうまく情報を掴むと宝の山です!
ぜひこのご機会に初Macデビューしてみてください😊