最近スタジオワークでMacの話題が多くて色々聞いているとMac Book Proの人気が圧倒的♪



ただね、Mac Book Pro 2018モデル調べてるとトラブルが多い様子。
2017モデルも数日前バッテリー問題でリコールがあったみたい。
2019モデルに至ってはまだUSB-CのHUB関係がまったく情報なくて純正しかうまく動かないと思われ()

USB-C USBアダプタ


USB-C マルチポートアダプタ


これはほんと多かったトラブルでいろんなメーカーが便利なUSB-C変換アダプタ買ってるけどまともに動くのはやっぱり純正のみ。

それでもオーディオインターフェィスをUSB-Cに変換して使うのはどうかなと思うわけで。



ちなみにBaby face Proはまさに純正USB-C USBアダプタでしか動作が安定しませんでした。


上記のようなUSB-Cオーディオインターフェィス出てきてるけどおすすめしないです。

本当に良い音を出すメーカーはまだUSB-Cを国内販売開始してないのです。

さらにイーサネット端子も変換しなければならない。
あれもこれも変換端子通してごったごたになるようではモバイル性皆無。

それならMac Miniで良いじゃない?

SSDが8TBとかになってきたらプラグインも外付けHDD/SSDに入れず完全Mac Book Proのみのモバイル一択かなと思うのだけどそれはまだ数年先の話ように感じます。

そんなこんなでMac miniと今年のアップデート後のiPad Pro持ちでいよいよMac Book系列と一旦おさらばなんて手も考え始めてます。



この計画はiPad OSの出来次第!

移動中やカフェでしたいことといえば
メール返信、ブログ作成、ワードプレス編集、SNSやブログ用画像編集。
贅沢をいうなら動画編集できたらいいなくらいです。
ブログは確実にiPadのペンシル機能が強そうなので期待大。

音楽制作は今の所据え置きじゃないと全然話にならないです。
最小限Logic Pro Xフルインストールして持ち歩いているけど有効活用された試しがないw
そこまで外でがっつり作り込むほどのことは宿泊施設利用をしない限りないし宿泊施設なら電源とれるのでMac mini動かせる。
音楽制作を夜行バスや昼行バスではありえない。
バスや電車移動ならガレージバンドによるスケッチで十分。
ボカロもパソコンじゃなくiPadにしても良さそうな気がしてます。

そうなるとMacに欲しい機能は、
・イーサネットを本体に直刺しできる
・USB3.1 A端子本体直刺しできる
・メモリあとから増設可能
・持ち歩くのが容易なサイズと軽さ

となり、結果的にMac miniなのです♪


iPad OSはどうもMacの無線モニタにもなる純正機能がつくようでそうなるともはやこの組み合わせはDTMと事務を兼ねて無敵な予感♪

秋に発表されるiPad OS次第でパソコン周りの考え方が一変しそうで楽しみです♪