まんま上のを購入して使っていたんですが、一昨日うっかりコツンとコップをぶつけてしまったんです。

すると...

まさかのマイクロHDMI端子部分がぐんにゃりと💦

そして映らなくなりました...

なんともはや脆いですね

これはもうケーブルの規格的に脆い作りとしかいいようがなく、マイクロHDMIは何気に実店舗に売ってなかったりで結局通販です。

Windowsメインhtml編集機だったのでもうてんやわんや。

んで、新しいケーブルが届くまでの間に以下の環境を整えてみました

ATOM
というhtml編集ソフトがめちゃくちゃ使いやすいんですよね。

 パッケージ検索欄に「html preview」と検索すると出てくるプラグインをインストール。
インストール後、HTMLプレビュー画面を表示するには[control] + [shift] + [H]。

あとは、ヘッダーに

を入れておけばプレビュー時の文字化け回避できます。

それと、GIMP2.10
2.08を使っていて細々と使いにくさがあったのですが2.10はほとんどフォトショップ。
しかも機敏に動くので優秀です。

もしかしたらこの二つでWindowsでのHTML制作に終止符を打てるかもしれません。

WordPressに移行したこともあり残すところフリーBGM素材だけがhtml5記述なんですよね。
というか、慣れてしまえばWordPressも記事の作成はオフラインでさくっと書けそうな気配。

まさかここにきてすべてがフリーで環境が整うとは思ってもみませんでした!

ちょっと話がそれましたが、マイクロHDMI、とにかくものをぶつけないように。
間違いなく買い直しになります。

そして、下記の4K対応セレクタ。



安いんですが、マイクロHDMIの場合は別途付属のUSBケーブルで電源供給が必要と過去記事に書きましたが、どうも不安定で、うまく供給されないことのが多いようです。
モニター直刺しだと認識するのであきらかにこのセレクターに問題があるようです。

HDMIはとかくトラブルが多い印象なので安定したケーブル規格が出てきてほしいですね。

マイクロHDMIケーブルを使う方は壊れやすいことと上記のセレクタは不安定でオススメできないことを覚えておいてくださいね♪