NEC LL750/BS1YRにダメもとでSSDとメモリMAX8GB入れてみた!

母艦事務パソコンであることとゆっくり動画を作りたいということから
元の4GB、HDD(なんとデフォルト5400rpmHDD)を交換してみようと。
あまりに起動が遅くて億劫でやってられないんですよね。

ついでにWindows7からWindows10へアップグレードも有効期限は切れていますが
試してみました!
IMG_9740.jpg

まず手順。
自分の場合はWindows 7 HomeからWindows 7 Proにアップグレードしていたので
Windows 10 Proがインストール対象になっていました。
アップグレードの場合でもパソコンの底面に書かれているプロダクトキーと同じのまま認証しているようです。

さて、SSD換装前にWindows7からマイクロソフトが提供するISOによるWindows10インストーラ
にてWindows10に先にアップグレードする必要があります。
新しいSSDにクリーンインストールしたWindows10から先にだとライセンス弾かれるので気をつけて!

Windows10 ISOイメージはこちらから




とりあえず2018/12/18の段階では
Windows7や8からWindows10へ構成変更なくアップグレードして
一旦ネット繋いでしばらくほっておいてからSSDに取り替え、
ISOから作ったUSBフラッシュメモリやBlu-Ray DISCで
クリーンインストールができます。
クリーンインストール後は何もすることなくネットに繋げた段階でライセンス認証しています。
IMG_9403.jpg
本機種はBlu-Ray DISCドライブ対応だったのでDLしたISOをそのままWindows標準の
ライティング機能でディスク作成しました。
※DLしたISOファイルを右クリックしてディスクイメージの書き込みを選択
DVDの場合は二層式のものなら一枚で書き込めるようです。

なお、このモデルはOffice2010がついています。
Office2010はまだインストールディスクが購入時についている時代のものなので
頑張って探してください。そこにアクティベートに必要な番号が書かれています。
それをOfficeのWEBから入力すれば最新版のインストーラが手に入ります。
付属しているディスクメディアからのインストールだとアップデートが面倒なので
インストーラのDLをお勧めします!
インストーラのDLはこちらから
他の方法は電話による相談しかないようですね。



365にする人は省略して良いと思います。

メモリは4GB(DDR3 SDRAM/SO-DIMM 2GB×2、PC3-8500対応、デュアルチャネル対応)
に対応しており最大8GBまで搭載できます。

自分はMAC miniについていた4GBx2のメモリを突っ込んでみましたが快適に動いていますw
メモリが4GBから8GBになったことでアプリの起動が少し早くなったかなという程度で
劇的ではないですね。

SSDはSSD 869EVOを選択。
IMG_9940.jpg

公表値では400MB/s以上出るみたいですが本機では200MB/sあたりでした。
IMG_3081.jpg

それでもシャットダウンした状態から電源ボタンを押したら10秒もかからずWindows10が
立ち上がるのはとても魅力的。一気に最新パソコンみたいになりました!
こちらは効果絶大ですね!


換装はすごく簡単。裏蓋を+ドライバーで開けて単純にHDDを取り外してSSDに換装するだけ。
特に+ドライバー以外必要ありません。
IMG_4385.jpg

BIOSでもうまく認識されています!
IMG_9403.jpg


あとはインストーラBlu-Ray Discからクリーンインストールするだけです。


取り出した2.5インチHDDは外付けのケースに入れて後ほど必要なデータを本体に入れ直します。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

玄人志向 2.5インチHDD/SSDケース USB3.1 Gen2対応 GW2.5FST-SU3.1
価格:3360円(税込、送料無料) (2018/12/18時点)



そんなに高くないのでUSB3.1タイプを購入しておくと先々良さそうです。

とはいえ、元々デフォルトのHDDがかなり遅い(rpm5400)なので
データの移し替えは1日-3日くらい覚悟しておいた方が良いです。
IMG_1979.jpg


これでメモリ8GB、SSD 1TBというなんとも贅沢な環境完成です!
事務作業やイラストレーター、フォトショップ、ゆっくり動画あたりなら十分じゃないでしょうか。
かかった金額は約20000円。
クリスマスシーズンということもあり安くSSDが手に入ったのも大きいですね。
IMG_5344.jpg

換装が簡単な機種であること、USB3を含めポート数豊富、様々なタイプの接続端子に対応している
このLL750はなかなか優秀。中古で手に入れてサブ機で使うのもありかなと。
重いのとでかいのとバッテリーの持ちが悪い(3時間公表ですが実質1時間弱)のはネックなので
ほぼ据え置き機種ですがディスプレイが綺麗なので目が疲れにくいです。
フルHD対応ではないので注意。

古いパソコン、SSDやメモリ増設できるモデルは今や逆に価値が高くなりつつあります。
中古市場ではまだその辺りが反映されていないように見えますが
現役の半田付けされてしまったSSDやメモリなんてマザーボードやロジックボードごと交換
というとんでも修理費用の高い現象になることを考えると
自分で交換できる時代の機種は今だからこそありなのかもしれませんね。

このLL750シリーズはとかく換装が簡単なのでぜひチャレンジしてみてください!
まだまだWindows7、8から無料でアップグレードできる今がチャンスです!
問題になりがちなドライバ関係も最近は勝手に必要なドライバを見つけてDLインストールする
アプリも出てきていますからそんなに難しくないですよ!