ただいまサイバーマンデー中で45,980円となっている
LG モニター ディスプレイ 43UD79T-B 42.5インチ/4K/IPS非光沢/HDMI×4・DP・USB Type-C・RS-232C/スピーカー/ブルーライト低減
をレコーディングスタジオの中核モニターにしました!

今までは47インチプラズマTVを置いていたんですが、どうにも描画タイムラグが
乗り込みエンジニアさんのレコーディング時に不評だったのでどうしたものかと
思いつつもとても重たいプラズマTVを撤去する気になれず放置していたのです。

最近は本当PCモニターが安く大きくなっているんですね!
42.5インチでサイズダウンはしますが4Kだし、USB-C対応だし色々な機器を同時入力できるHUB機能もあるし
至れり尽くせりなのでこれに決めました!

現状レコーディングスタジオはPTHDシステムによるRECとLogic ProXにミックスという形に
分けることにしました。
Logic ProでのRecは個人ではガンガン使いますが商業規模ではまだ怖いですねw
ただ、ミックスプラグインはProtoolsがAAXになってから極端に使い物にならないものばかりで
Logicのが高度なMixを行えることからこのようにしました。
あとはHDシステムが走っているMac ProをSSD化する程度です。
このやり方では
Logic Pro X導入PC→AudioI/O→オプティカル接続→HD/IO→各種スピーカーへ
という流れになるためPTHDパソコンとLogicのパソコン両方の画面を見ることが必要なのです。
そういう意味でもこのモニターは大正解!

そしてあれこれ考えるほどHD I/Oは本当よく出来たI/Oだとわかりました!
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

AVID HD I/O 8x8x8
価格:447120円(税込、送料無料) (2018/12/7時点)



8X8X8に関しては知らなかったのですがADATで16chまで行くんですよね!
本体の標準オプティカル端子がADATだとは思いませんでした...。
さらにAES/EBUも別途あるのでGENELEC8260Aをデジタル接続にチャレンジしてみます!


とんでも爆音がなるんじゃないかと不安は未だあるんですがw

自分自身の制作としてはモニタに不満があるとすると解像度縦幅1080なのが不満で。
27インチあればLogic Pro Xならなんとかディスプレイ一枚でいけるし
2枚で作るより楽なことに気づいたんです。


[ひかりそこでTVショッピング] ViewSonic 31.5型カーブモニター WQHD VAパネル VX3217-2KC-MHD
を購入してみました(29800円)!

ノングレアWQHD(2560x1440)
HDMI1.4x2
DisplayPortx1
miniDisplayPortx1

そしてなんとなく憧れる曲面ディスプレイ♪
Logic Pro XはRetinaに最適化されていて縦幅1080じゃ全てのメニューを展開できないんです。
それがなんとなくストレスだったのでようやく解放されます!
曲面モニタに拘らなければもっと安い金額で大きなインチか4Kなんかも選べそうなんですが
憧れには勝てませんねw

とかく制作ではあまりディスプレイに力を入れておらず解像度はHD止まりでしたが
いよいよ4Kにも手を出し、余ったモニタを10mのHDMI延長ケーブルで
ブース内から映像を見ながら歌ったりナレーションできる専用モニタを設置予定!

ケーブルは4K対応でも2000円くらいでした。

スタジオにとってのモニターとは派手さの演出、映像出力としてのモニターといったところ。
個人使用はとにかく疲れにくいものであること。

今まで2枚以上のモニターディスプレイ派でしたが一枚とシンプルにまとめて
ごちゃごちゃ感を減らす作戦です!
2019年はよりシンプルにしたい!

※今回はセール中ともあり、楽天では下記のように高いので一部アマゾンリンクでご紹介しています。